時代とともに変化した女性の仕事への意識

経済情勢が変化し、不況の波がなかなか引かない昨今では、女性の仕事の仕方がかつてとは異なっています。従来、女性は若い頃に仕事をしても、いずれは結婚して専業主婦になることを考えていました。就職氷河期と呼ばれる不況の時代がありましたが、その時の女性はつきたい仕事を放棄し、就職可能なところで働きました。多くの女性は仕事についても長くは勤めずに、いずれは専業主婦になって子育てに従事するというものでした。最近では、経済情勢の低迷が関わっていることもあり、正社員で働く人の割合が減少しています。景気の先行きが見えず不透明の中で、世の中は正社員では無く、非正規雇用による採用が増えてきました。非正規雇用で仕事をしていると、長く仕事をしていても昇給が難しく、会社都合でクビにされることもあります。男性の仕事も決して安泰とは言えず、そうなると女性もいずれは専業主婦なんて言っていられません。そのため、女性も男性同様に仕事をしているという人が増加してきています。仕事ができる年代の人口が減り始めている近年では、女性も労働力として重要な役割が期待されています。どの企業も、女性にとって仕事がしやすい環境をつくろうと、産休制度や、育休制度などを充実させようとしています。時代の移り変わりとともに女性の仕事に対する意識も昔と比べて随分と変化してきていることがわかります。歯の黄ばみに!ホワイトニングジェルで磨いて落とす